• トップ
  • ザ チーズルーム アカデミーについて
  • 講座・イベントのご案内
  • 講師について
  • 受講生の声
  • メディア掲載

ザ チーズルーム アカデミーについて

ザ チーズルーム アカデミーは、「世界のチーズを楽しみながら学べるスクール」です。

チーズという自然の恵みが凝縮した食文化を体験しながら、ヨーロッパを中心とした世界のチーズの食文化を学べるスクールです。

「チーズルーム = 熟成庫 」という意味を込めた理由は、この校舎でチーズの本当の美味しさと出会い、そしてチーズの魅力を理解し、毎日の食の楽しさや知識を深め、食文化を広げていける学び舎となることを心から願っているからです。

日本の食文化に根差しているもの、それは味噌や醤油。ご飯にお漬物、お米からつくられる日本酒。大豆や米を発酵させたりした発酵食品の食文化といえます。
一方、西洋の食文化といえばローマ時代から続く食文化 「パンにチーズ、そしてワイン」があげられます。材料は異なれど、麦、乳、ぶどうから造られる発酵食品の食文化です。気候風土に合ったチーズが各地に造られ、この豊かな食のコンビネーションが人々の生活に定着しています。

私たちザ チーズルーム アカデミーでは、この西洋の発酵食品である「パンにチーズ、そしてワイン」を楽しむ食文化が日本で広まっていく中で、「チーズの本当の美味しさに出会ってほしい!」と心から願い、様々な講座やイベントをご用意しております。

日本の発酵食品が日々の食生活に根付いているように、チーズという食文化がもっと気軽に日常に取り入れていくヒントや魅力をお伝えすべく、当校の授業では、チーズのカット方法や、盛り付け方、よりおいしく食するコツを学べる実践型のレッスンとなっております。

これからもチーズを通して、皆さまと共に食の楽しみ方を学びあえる文化塾として、沢山の感動が生まれる学び舎であり続けて参ります。

校長 金子 敏春

ザ チーズルーム アカデミーの3つの特徴

1.まるで旅気分になれる講座
ヨーロッパ諸国の様々な生産地を自ら体験してきた村瀬によるカリキュラムは、専門書や教科書に書いてあることのみならず、リアルな現地情報やトレンド情報も満載です。受講するだけで、まるでチーズの産地の情景が浮かび、旅行をしているかのような体験をお楽しみいただけます。
2.分かりやすく、精度の高いオリジナル講義
チーズスクール講義の基礎を作ってきた村瀬のオリジナル教材を元に、楽しみながら知識や経験を自然に深められる授業を展開していきます。また長年の実体験や経験に基づく実践的でかつ体系的に組まれたカリキュラムは、数多くの受講生をチーズプロフェッショナル資格合格へ導いてきました。
3." 体験が大切 ! " これが私たちの理念
チーズは食すものです。つまり学術的に分かるだけでは本当のチーズの良さには出会えません。私たちザ チーズルーム アカデミーでは、チーズのカット技術と取扱い方、そして楽しむコツ、盛り付けなど、日常に役立つ技術的チーズ論を徹底的に講義していきます。

校長・副校長の紹介

金子 敏春

校長 金子 敏春

「医・食・住の文化をデザインする」をコンセプトに、彩りあるライフスタイルを創造している。
2013年より食育事業部ザ チーズルーム(現 ザ チーズルーム アカデミー)を運営。同年、世界最優秀フロマジェコンクールでは村瀬美幸の作るアート面において全面的サポートをして、見事優勝に導き、大きな役割を果たした。

村瀬 美幸

副校長 村瀬 美幸

世界最優秀フロマジェコンクール2013優勝。
シニアソムリエでもあることからチーズとワインのマリアージュを得意としている。「美味しいチーズで幸せな日々を」モットーに、チーズの初心者からプロまで幅広い年代層にチーズの魅力を伝えることに力を注ぎ、チーズ業界の牽引役としてチーズのある食文化の豊かさを追求している。

  • 日本チーズアートフロマジェ協会

トップへ戻る